講演会・セミナー案内

講演会・セミナー案内

第18回特別講演会「岩の上のコリント—考古学とコリント教会—」

英国ケンブリッジのティンデル聖書学研究所の前所長である新約学者ブルース・ウィンター先生をお招きしました。新約聖書の中でも特にコリント人への手紙の研究でよく知られ...
講演会・セミナー案内

第18回聖書考古学セミナー「預言者ホセア、アモスのメッセージとカナンの宗教」

前8世紀の預言者ホセア、アモスのメッセージは、現代日本社会に住む私たちにどういう意味(重要性)を持っているのでしょう力、このことを知るために、古代イスラエルの人...
講演会・セミナー案内

第17回聖書考古学セミナー「海の民ペリシテ」

ダビデとゴリヤテ。サムソンとペリシテ人の女デリラ。アブラハムが契約を結んだペリシテ人の王、ゲラルのアビメレク。現代までペリシテは大きな関心を呼ぶテーマです。 ...
講演会・セミナー案内

第17回講演会「聖書とカレンダー」

現在はほとんどの国が正式な暦(カレンダー)としてグレゴリウス暦を使っていますが、聖書の時代の暦はどういうものだったでしょうか。聖書の世界である古代オリエントでは...
講演会・セミナー案内

第8回聖書地理研修旅行「エジプト・イスラエルの旅 14日間」

ご挨拶 地中海世界の主要都市アレキサンドリア。モーセとイスラエルの民が試練の旅をしたシナイ半島。ガリラヤの地にある族長や預言者や主イエスを偲ぶ遺蹟。シャロンの...
講演会・セミナー案内

第16回聖書考古学セミナー「ヘレニズム・ローマ時代の エジプトとパレスチナ」

 今年は横浜で開催された「海のエジプト展」によって、アレキサンドリアの歴史やエジプトへの関心がたいへん高まっています。聖書考古学資料館では、上記の統一テーマで三...
講演会・セミナー案内

第15回聖書考古学セミナー「古代ペルシャと聖書」

 秋の聖書考古学セミナーは、古代ペルシャの歴史と文化、初期グノーシス思想などの研究で世界的な学者であるエドウィン・ヤマウチ先生(オハイオ州マイアミ大学歴史学名誉...
講演会・セミナー案内

第15回 講演会「古代都市エマルと聖書」

ユーフラテス川中流河畔のメスケネから発見された多数の粘土板文書によって、前3千年紀からメソポタミア、アナトリア、地中海を結ぶ交易の要衝として栄えた古代都市エマル...
講演会・セミナー案内

第7回聖書地理研修旅行「中央アナトリアから東トルコへ 12日間の旅」

ご挨拶  アブラハムの親族の地ハランは、アラム・ナハライムと言われる地方にありました。イサクの妻リベカはその地方のナホルの町から来ましたし、ヤコブがカナンの地...
講演会・セミナー案内

第14回聖書考古学セミナー「アナトリア(古代トルコ)と聖書」

2007年度秋の聖書考古学セミナーは、来年の聖書地理研修旅行で訪れるトルコ東部と旧約聖書との関係について、三回に分けて行なわれます。第一回は、アナトリア(古代ト...
タイトルとURLをコピーしました