ランプの変遷

亜旧石器時代(前18000−前8500年)から前土器新石器時代(前8500−前5500年)すなわちまだ土器の使われていなかった時代には、貝や石の器がランプとして用いられていたようだ。

前5000年期から前4000年期は、手製の小さな碗状の土器がランプの用を足していたようだが、へりにすすの跡が残されていないかぎり、通常の食用碗と形の上では何ら区別できない。

初期青銅器時代

前3000年期

9.5cm

初期青銅器時代(前3300年−2200年)になっても、通常の小さ食用碗がランプの役割を果たし続ける。展示の最初のものは、形は食用碗と同じだが、へりに何カ所かすすの跡が認められる。

中期青銅器時代

前2000年ごろ

12.5cm

初期青銅器時代から中期青銅器時代への移行期(前2200−前2000年。また初期青銅器時代IVとも中期青銅器時代Iとも言われる)になつて、ランプの場合は灯心を置くのに四隅を溝のようにし、浅い皿の形にして区別するようになつた。手製のものと、ろくろをゆっくり回して作ったものとが考えられる。

中期青銅器時代

前1700ごろ

12.5cm

中期青銅器時代(前2000−前1500年)に入ってから、普通の形では灯心のための溝が一つとなり最初のうちはそれがあまり強調されていなかったが、だんだんとその溝が顕著になっていく。ろくろ製。

後期青銅器時代

前1550−1200年

14cm

さらに、この形は後期青銅器時代(前1550−前1200年)にも引き継がれる。

溝が一つの皿型ランプは、この後さらにまた鉄器時代(前1200−前586年)、ペルシャ時代(前586−前332年)へと続く。へりが広く大きくなり、外にめくれて、皿の深さが浅くなっていく。

鉄器時代 前1000−925年

(統一王朝時代)

15.7cm

鉄器時代 前926−586年

(分裂王国時代)

12cm

アレキサンダー大王のへレニズム世界になつて、ランプの形や製法にも大きな変化が生じる。ギリシャランプに倣ってそれまでの溝がノズルに代わり、皿の上が閉じられて注油口がその上に付けられる。前2世紀には上部と下部を型によって作り、合わせる製法が、ろくろ製法より一般的になる。

ヘロデ時代(前37−後135年)には、パレスチナ地方では「ヘロデランプ」と呼ばれるランプがよく用いられた。ノズルの部分が扇状に突き出ている。ろくろ製のものと型製のものがある。展示の7番目のものはノズルの先の部分が少し欠けているが、明らかに扇状型。ろくろ製。展示のものは6センチメートルだが、10センチメートル前後のものも多くある。マタイの福音書の「十人の娘のともしび」は、ヘロデランプの一種であったと思われる。

ヘロデ時代 前37−後135年

6cm

以上のものは日常生活のごく身近なランプだが、用途が違えば他の形状を取った。一例を挙げると、エリコの前1700年ごろの墓から出てきた7つの溝のついたランプがある(所蔵品なし)。旧約聖書ゼカリヤ書4章2節の「七つの管がついたともしび皿」を想わせる。

前に戻る