考古学資料館への案内

詳細はこちら

当会の目的

この会が目指しているところは、聖書の時代の人々が実際に生活し、具体的に関わりを持った世界を、目に見える情報資料によって出来るだけリアルに再現し、そのことによって聖書に対するより正しい理解を得られるようにすることです。

当会の事業

聖書考古学資料の収集と展示

ブラック・オベリスク(レプリカ)、粘土板文書、円筒印章、印跡、壷、碗、ランプ、陶片、コイン、矢じり、投石器の石、他

聖書考古学講演会 (毎年5月頃)

海外から著名な聖書学者を招聘したり、当会の理事や学者を招いて聖書の理解に参考になる講演会を開催しています。

聖書考古学セミナー (毎年9月、10月、11月)

聖書を深く理解するために、テーマにそってセミナーを開催しています。

機関誌「聖書の世界」

年2回発行しています。

この機関誌「聖書の世界」は貴重な聖書考古学の資料になっています。

聖書地理研修旅行

隔年毎に聖書地理研修旅行を開催しています。

聖書の地の発掘と調査

イスラエル(テル・レホブ2回、テル・ドル1回)の発掘調査に参加しました。

当会のビジョン

古代オリエントや地中海世界の聖書に関連する考古学資料を収集し、それらを展示する「聖書考古学資料館」が日本の地に与えられることを目指しています。それらの資料によって聖書を正しく理解する人々が日本に増えることを願っています。

沿革

聖書考古学資料館のあゆみ
  • 講演会・特別講演会編
  • セミナー編
  • 聖書地理研修旅行・発掘調査編
聖 書 の 世 界

特別出張講演会開催要項
申し込み

詳細はこちら

一般社団法人聖書考古学資料館
公告

2015年度貸借対照表

2014年度貸借対照表

2013年度貸借対照表

2012年度貸借対照表

2011年度貸借対照表

2010年度貸借対照表

2009年度貸借対照表