聖書考古学ニュース
「エルサレム近郊で青銅器時代の住居跡が発見された」

エルサレムの南西にあるワディ・レファイムとベイト・ヴェガンの間にある丘陵と谷の発掘により、この地域ではこれまでに発見されたことのない青銅器時代の定住者が居住した集落、及び、80以上の墓地が発見された。考古学者たちはこれらの墓地の大部分が紀元前2000年から2200年のものであったと考えている。これらの墓地は谷に点在する集落の身分の高い人々の墓であったのかも知れない。埋葬された戦士の副葬品には「武具一式」と呼ばれる「斧、幅の広い青銅の帯、短剣」があった。ビーズや青銅器時代の土器、エジプトの影響を強く受けていたことを示すスカラベ(甲虫形のお守り)も発見された。これらの集落の中心となった町がどこにあったのかは未だ分かっていない。創世記14章18節のアブラハムを祝福した「シャレムの王メルキゼデク」の背景を照らすものとなるのであろうか。

詳しくは下記を参照ください。

Dig at Jerusalem's hill uncovers Bronze-age dwellings