聖書考古学ニュース
「2本の角のあるペリシテ人の祭壇」

バル・イラン大学のA.メイアー教授は、テル・ツァフィー(ガテ)で「一本の石で造られた、二本の角(突起)のある祭壇」(前9世紀)が発掘されたと報告した。これまでにイスラエルで発掘されたのは、「四本の角」のある祭壇だけであり、これは非常に珍しい。この祭壇は、高さ・幅・奥行きが100センチ、50センチ、50センチであり、旧約聖書から知られる祭壇とほとんど同じ大きさである(出エジプト30:2)。ペリシテ人の祭壇は、横の三面に帯状の飾りがある。発掘者の中には、この祭壇はペリシテ人の起源を示すのではないかという見方もあり、祭壇の一つの側面と最上面とが未完成であること、イスラエルの祭壇との関係など今後の研究が期待される。(提供:Jack Sasson氏)。

詳しくは下記を参照ください。

2-Horned Altar Found in Ancient Gat