第16回 聖書考古学セミナー

ヘレニズム・ローマ時代の
エジプトとパレスチナ

今年は横浜で開催された「海のエジプト展」によって、アレキサンドリアの歴史やエジプトへの関心がたいへん高まっています。聖書考古学資料館では、上記の統一テーマで三人の先生方に講義をお願いしております。
 まず、近藤二郎先生には、永年にわたるエジプト発掘の経験に基づいて、アレキサンドリアを中心としたナイル・デルタの歴史を概観し、イスラエル民族の寄留地であり、新約時代の文化の中心であったナイル川下流のデルタ地方の歴史を学びます。
 鞭木由行先生には、シャンポリオンによるエジプト語解読の資料となった、かの有名な「ロゼッタ・ストーン」のエジプト語とギリシャ語の本文について、分かりやすく講義していただきます。
 菊池実先生には、クレオパトラとヘロデについて、ローマ時代のパレスチナの歴史をひも解きながら、聖書との関係を中心に講義していただきます。

第一回 10月19日(月) 午後6時30分〜8時30分

「ナイル・デルタの歴史〜アレキサンドリアを中心に〜」

近藤二郎氏 (早稲田大学文学学術院教授、早稲田大学エジプト学研究所所長)

第二回 11月16日(月) 午後6時30分〜8時30分

鞭木由行氏(聖書宣教会・聖書神学舎校長)

※この回のみ会場は416号室になります。

第三回 12月7日(月) 午後6時30分〜8時30分

菊池 実氏 (東京基督教大学准教授)

(千代田区神田駿河台2の1、OCCビル)

受講料 1回につき(資料代含む)

一般

1500円

会員

1000円

学生割引

800円

申込

当日会場にお越しください。

聖書考古学資料館(TMBA)

〒101-0062

東京都千代田区神田駿河台2-1 OCCビル 403号室

電話 03-3304-7788(お問い合わせ)